【SNS活用@ブランドづくりの為に発信し続ける4つの要素】

2017.03.06  コラム  

【SNS活用@ブランドづくりの為に発信し続ける4つの要素】

なぜ私たちは「アップル」を想像したときに「革新・最先端・美しいデザイン」というイメージが真っ先に思い浮かぶのでしょうか。

それは、ブランドを『最重要資産』として捉え、社内にブランド教育、そしてルール化、明確なコンセプトを持つ戦略を持って世界に向けて強くブランドイメージを伝えてきたからです。

これは世界企業アップルだからではなく、こういった考え方や戦略の中での事業推進によって世界企業になったといえるのです。

映画スティーブジョブズ公式サイト→http://jobs.gaga.ne.jp

中小企業でも効率的て効果的に「ブランディング」ができる時代になりました。

その代表的ツールとしてオススメしたいのがSNSの活用です! これは大きなチャンスといえるでしょう!

【ブランドづくりの為に発信し続ける4つの要素】

1. モノではなくコトを発信
商品(モノ)ではなく、その商品がもたらす顧客にとっての価値(コト)を発信。

2. 会社の理念・使命・ビジョンを発信する

3. ストーリーを発信する
ひとつの商品がうまれるまでには、語り尽くせぬほどの苦労や喜び、まわりの助けなど
人の心を動かすストーリがあるはずです。
共感がファンを生み出す源になるでしょう。

4. CI
会社のロゴ、ネーミング、パッケージ、看板 統一されたデザインを使用
例えば、ロゴデザインは単に美しさなどのビジュアルデザインではなく、ブランディングに欠かせない要素です。企業のメッセージを伝え、会社がもつミッションや価値までも伝え人々の記憶に印象を残す為の企業を体現した象徴的なものです。

多くの人が「ブランディングは絶対に欠かせないものだ」という認識を持ちながらも、企業がブランドイメージを向上させるためにどのようなブランディング戦略を展開しているか知らない場合が多いのではないでしょうか。

ブランド価値を高めていくことは必要不可欠なことです。

ブランド価値を上げるための具体的手法を今後お伝えしていければとおもいます。

前田雄一

お電話でのお問合わせ
0120-102-548 受付時間 9:00~18:00 (土日祝を除く)
  • 無料お見積り・お問合わせ
  • 無料資料請求
  • ショールーム見学